スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は女子ジャズ元年

ということで、今日は女性ボーカリストをご紹介
先日幕を閉じたバンクーバー五輪の開会式でカナダ国歌を歌ったシンガー、ニッキー・ヤノフスキー
現在若干16歳。
12歳のときにモントリオールのジャズフェスで鮮烈なデビューを飾り、来月には世界ツアーも行う予定。
ハービーやナベサダとの共演歴もあるようです。


朝、「とくダネ」で小倉キャスターが紹介してるのを見て知りました。
気になってyoutubeで調べてみたら、もうとんでもないシンガーでした。
ディーディー・ブリッジウォーターがエラの流れを汲んだ現役最高のシンガーと言われているのは有名な話ですが、
彼女はその上をいっていると思います。
スキャット、フェイク、スウィング感どれにおいてもすばらしい。
少々R&Bよりに聞こえるところもありますが、かっこよすぎです。
将来が楽しみなシンガーと言えるでしょう。




http://www.youtube.com/watch?v=GHylwP5iqSo
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。