HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日々のいろいろ

切り裂かれた革靴

眼前に広がる荒野
生物の気配は全くなく、ただただ砂と石と色あせた空だけの世界
そこには絶望と空しさと諦めしかない
いずれ砂と石すらなくなって、虚無感だけが僕を飲み込むのだろう



いま僕を突き動かしているのは虚無感だけだ
まるで糸の切れたマリオネットが強風に煽られるように、そこには自発的な力は働いていない
導かれるままに、雑に敷かれた施工の悪い線路をガタゴトと進むしかない
人を羨ましがったり、蔑んだり、憎んだりすることもやめた
というよりも自然とそういった感情を抱かなくなった
僕は学生時代に比べて大分感情を持たなくなった
悔しいとかいうある種前向きな意思も欠落した



大人になったということなのか、あるいは自分で自分を見限ったということなのか
京王線の快速電車の騒音をBGMに、青黒い空をみあげて・・・・・



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tetemontoliu.blog50.fc2.com/tb.php/57-fb077c86

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。